保険情報LAB

保険の見直しの必要性とは

保険は必要?

人生で2番目に高価な買い物といわれる反面、人によっては決して必要ではないといわれるのが保険です。
保険は何かあったときにお金で困らないために加入するのが大きな目的のひとつです。
よって自分が死亡してしまったとき、入院したりガン等の病気や要介護状態になったとき等に経済的に困らないほどの貯蓄があったり、保険以外での対策ができているのであれば加入する必要はありません。

また、たとえ困らないほどの貯蓄があった場合でも、預貯金で銀行に預けるよりも保険料として保険会社に預けたほうがメリットのある場合もあります。

自分にとって保険が必要かどうか、または保険のほうかメリットがあるのか、様々なシチュエーションでのライフプランニングをしていくことでみえてきます。

保険は「加入しなければいけない」ものではありませんので、「加入したほうがいい」と思うものを考えてみてください。

まずは現状を確認

まずは保険代理店やファイナンシャルプランナーの無料相談等を利用して、現在のライフステージと今後のライフプランを確認します。
そうすることで今後のお金の流れを把握することができます。
それを基に遺族年金や高額療養費などの社会保障を差し引いた必要な保障と保障額を割り出します。

その保障内容と現在加入中の保障内容はしっかり合っているでしょうか?
ライフステージによって必要な保障内容、保障額は変化します。
保障が足りないと万が一の時に困りますし、保障が多すぎると保険料の払い損の可能性もあります。
その時々で確認をしていくことで無駄をなくすことができます。

変化する必要保障

独身のときの必要保障は葬儀代やそれに付随するお金と、入院やがんなどの医療費負担の対策が主です。

結婚すると葬儀代等に加えて遺族(妻や夫)の今後の家賃や生活費も考える必要が出てきます。
子どもが生まれるとさらに子どもの教育費等も加わります。これらは共働きか専業主婦かによっても必要保障額は違ってきます。

国民年金からの遺族基礎年金と会社員が加入する厚生年金からの遺族厚生年とでは対象者が違います。
遺族基礎年金は18歳までの子どもがいないと給付されませんので、独立して自営業者になった場合などはその対策を考える必要があります。

子どもが独立したり、仕事を退職すると必要な保障額は減少します。
医療保障に関してもそれまであった働けなくなるリスク、収入減少のリスクがなくなるので必要入院日額も減少します。

しかし老後は介護のリスクと相続対策が加わります。
このようにライフステージとともに必要保障の内容は変化していきます。

医療技術や社会保障の変化

医療技術は進化し続けています。それと共に平均入院日数は平成2年の44.9日をピークに平成23年には32.8日まで減少しています。
それと引き換えに通院治療の割合が増加しています。(厚生労働省「平成23年患者調査の概況」より)

少子高齢化に伴い今後は健康保険などの公的保障の見直し、混合診療等も大いにありえ、自己負担額の増加も考えられます。
また、がん治療に関しての進化はめざましく、「不治の病」とされていたころの初期のがん保険は入院給付金と死亡給付金がメインでした。
最近のがん保険は診断一時金や抗がん剤治療費、放射線治療費などの治療費がメインとなってきています。中には自由診療にも適用される商品もあります。

変化する保険

ライフステージに合わせて必要保障が変化し、医療技術などの変化に合わせて医療保険やがん保険などの保障内容が変化していきます。
当時は最高の保障内容だった医療保障やがん保障も10年経てば本当に役に立つかどうかはわかりません。

保険は入っていれば安心ではありません。役に立つ保険でないと意味がありません。
現在加入中の保険が役立つものなのかを検証してみることが保険の見直しです。

 


●最新更新情報
 2016/07/19 がん保険の見直しのタイミングとは?
 2016/07/19 がん保険の見直しポイントとは?
 2016/07/18 おすすめ医療保険 ベスト5
 2016/07/16 医療保険の見直しタイミングとは?
 2016/07/16 医療保険の見直しポイントとは?


●サイトからのオススメサイト
 保険見直しLAB
 保険見直しCAFE


コンテンツ
Copyright © 保険情報LAB ~Hoken LAB~. All rights reserved.